top of page

相手を制するには

二人一組の稽古では、

攻めと受けの役割で成り立って

いる。

攻める方は相手に対して攻めの

技をかける。

文字にするとなんてことはないが、

いざ稽古を始めると、受けである

相手に対して技をかけようとするも

うまく技がかからない。

最初の頃は、

『慣れていないからしょうがない。

動きを訓練すれば、そのうち

うまく技がかかるようになる。』

と、それまで自分が学生時代に

やっていた水泳やテニスなどの

スポーツの経験をイメージして

そう思っていた。

しかし、当たり前だが、

大東流はスポーツではなかった。

外側から見える動きを整えても

攻め側の力が、受けである相手に

伝わらないと技はかからない。

訓練や練習といった反復運動

だけでは、いけない。

外側からは見えない、

身体の内側の働きが重要なのだ。

そして、その働きの邪魔をするのが、

誰でもない『自分』なのだ。

この自分とは、無意識レベルにまで

刷り込まれた経験や過去の記憶など

によるものなので、本当に手ごわい。

つまり、相手を制するには、

まず『自分』を制することが

大切なのである。

最近、

日々実感している。。

最新記事

すべて表示

TV番組に

久しぶりの投稿です。 突然ですが、 明日夜19:00から TV朝日番組 出川一茂ホランフシギの会に、 古賀武光師範が出演されます。 気で人を投げる達人として 紹介されるようです。 大東流合気柔術光道で稽古し、 古賀師範の技を間近に 見ている門下生であれば、 納得のいくキャプションかと 思われます。 しかし、 ゴールデンタイムの全国放送番組で、 どのような編集がされているのか どういう反響があるのか

草刈り

今朝はいつもと違う 少しひんやりした空気でした。 まだまだ暑さも続きそうですが、 確実に自然は秋へ 向かいつつあるなぁと感じます。 自然が一歩先に秋に入りつつあるなか、 遅れて人間社会の夏があるようです。 そういう意味では、田舎に住んでいると 両方を味わえてお得ですね。(笑) それにしても、 夏は草木の成長が著しい、 私にとっては草刈りありきの日常、 普段よりも天気を気にしながらの生活です。 また

みること

春が一気にすすんで 菜の花が開花しているのを 見て楽しむだけでなく、 今年は摘んで炒め、 食したりしています。 さて、 大東流の稽古では、 「みる」ことが 大事ですが、 これがやってみると 実は、 「みているつもり」 の場合がほとんどです。 これを実感し、 自身の人生を 振り返ったときに、 今まで長い間 なんとなくみて 生きてきたのだなと、 愕然とします。 そして、 慎重さが必要であることを 知ら

bottom of page