相手を制するには

二人一組の稽古では、

攻めと受けの役割で成り立って

いる。

攻める方は相手に対して攻めの

技をかける。

文字にするとなんてことはないが、

いざ稽古を始めると、受けである

相手に対して技をかけようとするも

うまく技がかからない。

最初の頃は、

『慣れていないからしょうがない。

動きを訓練すれば、そのうち

うまく技がかかるようになる。』

と、それまで自分が学生時代に

やっていた水泳やテニスなどの

スポーツの経験をイメージして

そう思っていた。

しかし、当たり前だが、

大東流はスポーツではなかった。

外側から見える動きを整えても

攻め側の力が、受けである相手に

伝わらないと技はかからない。

訓練や練習といった反復運動

だけでは、いけない。

外側からは見えない、

身体の内側の働きが重要なのだ。

そして、その働きの邪魔をするのが、

誰でもない『自分』なのだ。

この自分とは、無意識レベルにまで

刷り込まれた経験や過去の記憶など

によるものなので、本当に手ごわい。

つまり、相手を制するには、

まず『自分』を制することが

大切なのである。

最近、

日々実感している。。

最新記事

すべて表示

なぜ、大東流を続けているのか

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ

道場でなくとも

いつもより早い梅雨の合間の晴れの日、 この貴重な晴れの日を逃さないとばかりに、 あちらこちらの畑であわただしく 麦が刈り取られている音がしています。 私は、家のなかで 錦戸無光先生の「合気の極み」を 読み返しています。 そのなかで、 「地球に立つことができない人は、 大地によりかかっているので 大地を活かせません。」 に、目が留まりました。 そして、 わが身に振りかえり浮かんできたのは、 私は、自

さわやかな五月

近くの麦畑も穂が出揃い 畑が満ち満ちています。 そして、 黄金色に色づきはじめた穂が 風になびくと穂波があらわれ それはそれは、 壮観な眺めです。 ツバメの姿も見え始めました。 そんな、いつもとかわらない 自然にホッと 気持ちが癒されます。 ところが、 人間社会は、 あいかわらず 新型コロナの影響で、 健康なひとも、 呼吸すらマスク越しです。 これは、異常事態です。 しかし、自宅周囲の自然は、 い