相手を制するには

二人一組の稽古では、

攻めと受けの役割で成り立って

いる。

攻める方は相手に対して攻めの

技をかける。

文字にするとなんてことはないが、

いざ稽古を始めると、受けである

相手に対して技をかけようとするも

うまく技がかからない。

最初の頃は、

『慣れていないからしょうがない。

動きを訓練すれば、そのうち

うまく技がかかるようになる。』

と、それまで自分が学生時代に

やっていた水泳やテニスなどの

スポーツの経験をイメージして

そう思っていた。

しかし、当たり前だが、

大東流はスポーツではなかった。

外側から見える動きを整えても

攻め側の力が、受けである相手に

伝わらないと技はかからない。

訓練や練習といった反復運動

だけでは、いけない。

外側からは見えない、

身体の内側の働きが重要なのだ。

そして、その働きの邪魔をするのが、

誰でもない『自分』なのだ。

この自分とは、無意識レベルにまで

刷り込まれた経験や過去の記憶など

によるものなので、本当に手ごわい。

つまり、相手を制するには、

まず『自分』を制することが

大切なのである。

最近、

日々実感している。。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ