中心の力

最近読んだ本の一節

(一部要約)に…、

昔、悟りを得るために苦行による修行を

山中でしていたある学者がいた。

長期間ジッと動かずに瞑想を続けたのだった。

それは、自らの頭髪に鳥が巣を作れてしまう

ほどのものであった。

しかし、そこまでしても、彼は悟りを得られなかった。

そして、彼はとうとう師に相談した。

すると、師は、街中のとある商人に会いに

行ってきなさいとアドバイスした。

早速彼は、その商人に会いに出かけた。

そして、会う前に、店の傍で

その商人を観察した。

店で、せわしなくいろいろなものを秤にかけ

重さを量っている、見た目普通の人であった。

それから、店に入りその商人に挨拶をして

話を聞いたところ彼は、こう答えた。

『 私は平凡な商売人で、

 苦行者ではありません。

 私の秘密は、秤のバランスをとることで、

 自己のバランスをとる技を学んだだけです。

私は、内側に完全なバランスがあるとき、

エゴが消えることを理解しました。

 バランスは無を生み出し、その無の中に

全体が降りてくるのです。

                            ……

商人の答えた内容に、

思わずピン!ときた。

稽古中の自分の身体状態を思い浮かべ、

とても納得がいく気がしたのだ。

私にとってOSHOの本は、

稽古で感じたものを明らかにしてくれて、

より理解を深めてくれる気がする。

また、稽古をしていなければきっと

彼のことを知り、彼の本を手に取り読む

こともなかっただろうと思う。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ