top of page

中心の力

最近読んだ本の一節

(一部要約)に…、

昔、悟りを得るために苦行による修行を

山中でしていたある学者がいた。

長期間ジッと動かずに瞑想を続けたのだった。

それは、自らの頭髪に鳥が巣を作れてしまう

ほどのものであった。

しかし、そこまでしても、彼は悟りを得られなかった。

そして、彼はとうとう師に相談した。

すると、師は、街中のとある商人に会いに

行ってきなさいとアドバイスした。

早速彼は、その商人に会いに出かけた。

そして、会う前に、店の傍で

その商人を観察した。

店で、せわしなくいろいろなものを秤にかけ

重さを量っている、見た目普通の人であった。

それから、店に入りその商人に挨拶をして

話を聞いたところ彼は、こう答えた。

『 私は平凡な商売人で、

 苦行者ではありません。

 私の秘密は、秤のバランスをとることで、

 自己のバランスをとる技を学んだだけです。

私は、内側に完全なバランスがあるとき、

エゴが消えることを理解しました。

 バランスは無を生み出し、その無の中に

全体が降りてくるのです。

                            ……

商人の答えた内容に、

思わずピン!ときた。

稽古中の自分の身体状態を思い浮かべ、

とても納得がいく気がしたのだ。

私にとってOSHOの本は、

稽古で感じたものを明らかにしてくれて、

より理解を深めてくれる気がする。

また、稽古をしていなければきっと

彼のことを知り、彼の本を手に取り読む

こともなかっただろうと思う。

最新記事

すべて表示

令和4年度諫早稽古会の 最後の稽古では、 一つの型を座りで一人づつ 古賀師範が稽古を つけて下さいました。 しかし、 この日はなぜでしょうか。 古賀師範の手を掴む前から 師範からただならぬ気が 醸し出されていたように感じ、 私の防衛本能からか、 腹の底から声にならない声が 自然と出てきたのです。 そして、掴んだとたんに 普段はでないような 野太い声がわが身から発せられ、 不思議な感じがいたしました

近所に養鶏所が何か所かある。 その入口に自動販売機で、 にわとりの卵が 新鮮たまごとして 販売されていている。 わかりやすく言うと、 「生産直売所」。 にわとりの姿は全く見えない。 工場外からウィルスや菌を 持込む小動物が侵入しないよう 窓も見当たらない。 外観からは、 とうてい多くの生き物が 暮らしているとは想像できない。 車で横を通ると 購入している人の姿をよく見かける。 そのたびに、 このよ

お盆前で日中は、 暑さに気が遠くなりそうな日が続きます。 ですが、 同時に早朝や夜は少し秋の気配も感じます。 自然は確実に秋に向かっています。 今年は、自宅の庭木も成長が著しく、 屋根近くまで枝が伸びている木々もあります。 そうすると、 去年までは、 庭にまばらに居た黒トンボたちが、 新たにできた薄暗い木陰に一団となり 生息するようになりました。 朝、慌ただしくサッシを開けると、 その一帯に、 ヒ

bottom of page