最近、稽古のあと

昨日の稽古も全身を使った。

本当に相手に入り込ませない身体を

つくるのは、その都度整えるのに

かなりのエネルギーを使う。

そんな素振りを見せることもなく

常に整えられている先生とは違い、

自分では、整えたつもりでも、

そうなっていなかったりもする。

最近、相手と向い合うたびに整えるのに

苦労している。

こうして書きながら、

そのさまは、おおげさかもしれないが、

まるで取組み直前の力士に似ている

…と感じた。

それにしても、全身使うといっても

筋肉を使うスポーツとは違うので、

筋肉痛はないけれど、

最近、稽古が終わったあとは、

眠くて仕方がない。

きっと身体を動かす新しい回路が

できたため、それを脳が覚えようと

してお疲れになっているのだと思う。

無理せずに寝よう。。

そういえば、

以前参加したフェルデンクライスメソッドの

クラスで、新しい動きをしているうちに、

眠くなったら、

無理せず寝たほうが、

新しい動きを脳に定着させるには効果的だ 』と、

インストラクターの先生が、

仰っていたのを思い出した。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ