季節の風物

先日、

諫早にて、近所のまんじゅう屋に寄った。

まんじゅうを買うためではなく、

『 はちみつ 』を分けてもらうために。

実は、昨年店の方と話ていたら、

以前いらっしゃった店のご主人が、

みつ蜂の巣箱を所有されていたという話になった。

お話によると、花が咲いていない冬期も、

みつ蜂たちが翌春まで生きのびられるよう

糖蜜を与えたり、寒くないように手をかけたりと

人間による世話が大変であるらしかった。

収穫するとき以外は、自然にあるままに、

ざっくらばらんに言うと、

「ほったらかし」かと思っていたら、

そうではなかったのだ。

自宅から離れたミカン畑が広がる山中に巣箱

を置かれていたそうなので、行き来するだけ

でも一仕事だなと思った。

今はそのお世話はされていないそうだが、

その伝手で、新鮮な蜂蜜が手に入るのだ。

そこで先月、店を訪れたときに

たずねたところ、

  『 ミカンの花が咲き終わる頃、

     いらっしゃい。

       だいたい、5月の終わり頃よ。』

と言われていたので、そろそろだと思い

訪れたのだった。

お店の方がおっしゃっていたとおり、

店内には、無事採取された蜂蜜が、

焼酎の五合瓶と思われる瓶に詰められていた。

そしてやはりそれは、焼酎瓶だった!

瓶のラベルは、剥がされていたけれど、

瓶のフタは“霧島”であった。

新聞紙に包んでもらい持ち帰った。

早速、味見した。

ほんのりと、みかんの香りただよう

さらりとした上品な蜂蜜だった。

これからは、

諫早の蜂蜜が、

私にとって

季節の風物のひとつになりそうである。

最新記事

すべて表示

お盆前で日中は、 暑さに気が遠くなりそうな日が続きます。 ですが、 同時に早朝や夜は少し秋の気配も感じます。 自然は確実に秋に向かっています。 今年は、自宅の庭木も成長が著しく、 屋根近くまで枝が伸びている木々もあります。 そうすると、 去年までは、 庭にまばらに居た黒トンボたちが、 新たにできた薄暗い木陰に一団となり 生息するようになりました。 朝、慌ただしくサッシを開けると、 その一帯に、 ヒ

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ