足裏の感覚

稽古は、どんなに寒い冬でも裸足で行っています。

おかげさまで、

入門当初自分でも気づかなかった足の裏の感覚が

稽古を続けることで徐々に戻って参りました。

入門前は、足の裏全体がひとつの感覚でしかなく、

しかもぼんやりとした感度で、

それが当たり前になっていました。

たとえば、

外出先から自宅に戻り靴を抜ぎ、

フローリングの床に足をつけても

あまり感覚の差を感じることがなかったのです。

今振り返ると、

ほんとに、人間という生き物としての感覚を

喪失していたといっても言い過ぎではない

ぐらいに。。

そういえば、あの頃よく見覚えのない青あざが

足にあったのも、

もしかしたら、足の裏だけでなく、

足全体の感度が鈍っていて、

気がつくことがなかったのかもしれません。

それが、

今では、とくに足の裏の感覚が、

点の集まりのように感じ、

小さなゴミや砂粒などを踏んでもそれが何なのか、

踏んだときにだいたいわかるようになってきました。

まあ、こうして書きだしてみると、

人間として当たり前の感覚だと思うのですが、

そういう当り前の感覚すら、

いつの間にか失ってしまっていたのでした。

稽古を続けることで改めて、そうした感覚が、

自分の身を護ってくれている感覚なのだと気づくと、

自然と感謝の気持ちが湧いてきます。

最後に余談ですが、

以前は感じなかった床の汚れを足裏が感知するようになり、

掃除を先延ばしできなくなりました。。(笑)

最新記事

すべて表示

なぜ、大東流を続けているのか

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ

道場でなくとも

いつもより早い梅雨の合間の晴れの日、 この貴重な晴れの日を逃さないとばかりに、 あちらこちらの畑であわただしく 麦が刈り取られている音がしています。 私は、家のなかで 錦戸無光先生の「合気の極み」を 読み返しています。 そのなかで、 「地球に立つことができない人は、 大地によりかかっているので 大地を活かせません。」 に、目が留まりました。 そして、 わが身に振りかえり浮かんできたのは、 私は、自

さわやかな五月

近くの麦畑も穂が出揃い 畑が満ち満ちています。 そして、 黄金色に色づきはじめた穂が 風になびくと穂波があらわれ それはそれは、 壮観な眺めです。 ツバメの姿も見え始めました。 そんな、いつもとかわらない 自然にホッと 気持ちが癒されます。 ところが、 人間社会は、 あいかわらず 新型コロナの影響で、 健康なひとも、 呼吸すらマスク越しです。 これは、異常事態です。 しかし、自宅周囲の自然は、 い