top of page

なんじゃもんじゃ

こんなところに素敵な小道が。。

午前中の稽古のため、

武道館に行く途中、新しい道を発見。

御書院横の緑の小道は、

木材チップを寄せ固めたふっくらとした材質で、

自然を壊さない演出がなされています。

そして、頭の上のほうは、木々に茂った新緑、

すぐそばには古い用水路があり、

豊かな水の流れる音がする。

そして、新緑の葉の隙間からは、

キラキラと日差しが差し込んできて、

自然の爽やかさが溢れています。

気持ちいい!!

そんな中を歩いていたところ、

御書院の門から一人の男性が出て来て

すれ違いざまに、声をかけられた。

『もし、お時間あるようでしたら、

御書院の“なんじゃもんじゃ”の木が

満開できれいなので、

ご覧になる といいですよ。』と、

私は、

『なんじゃもんじゃ?!』

すぐさま耳慣れない言葉に釘づけになった。

たしかにそう聞こえたけれど、空耳?

そんな木の名前あるの??

冗談言うような方には見えない感じだし。。

と思いながら、

過ぎ去る男性に、

「それでは、せっかくなので…」と言って

興味津々院内に入った。

院内には、大きな池があり、

ありました、ありました、

池の一角遠目にある木が、

落ちそうなくらい真っ白な花を開き、

咲き誇っていました。

これなのだな、

なんじゃもんじゃ。。美しい。

実際になんじゃもんじゃを見てみて、

しばらくして、名前のおちゃらけ具合と

見た目の美しさとの落差に、自然と笑いが。。

なんじゃもんじゃを無事見届けた私は、

また院を出て、小道に戻った。

真っ直ぐ行くと、

なんと、

突き当りが、武道館だったのでした。

最新記事

すべて表示

令和4年度諫早稽古会の 最後の稽古では、 一つの型を座りで一人づつ 古賀師範が稽古を つけて下さいました。 しかし、 この日はなぜでしょうか。 古賀師範の手を掴む前から 師範からただならぬ気が 醸し出されていたように感じ、 私の防衛本能からか、 腹の底から声にならない声が 自然と出てきたのです。 そして、掴んだとたんに 普段はでないような 野太い声がわが身から発せられ、 不思議な感じがいたしました

近所に養鶏所が何か所かある。 その入口に自動販売機で、 にわとりの卵が 新鮮たまごとして 販売されていている。 わかりやすく言うと、 「生産直売所」。 にわとりの姿は全く見えない。 工場外からウィルスや菌を 持込む小動物が侵入しないよう 窓も見当たらない。 外観からは、 とうてい多くの生き物が 暮らしているとは想像できない。 車で横を通ると 購入している人の姿をよく見かける。 そのたびに、 このよ

お盆前で日中は、 暑さに気が遠くなりそうな日が続きます。 ですが、 同時に早朝や夜は少し秋の気配も感じます。 自然は確実に秋に向かっています。 今年は、自宅の庭木も成長が著しく、 屋根近くまで枝が伸びている木々もあります。 そうすると、 去年までは、 庭にまばらに居た黒トンボたちが、 新たにできた薄暗い木陰に一団となり 生息するようになりました。 朝、慌ただしくサッシを開けると、 その一帯に、 ヒ

bottom of page