たった一人の

久し振りに会った同志と話をしていたところ、

たまたま、今年亡くなられた小野田寛郎氏について

の話になった。、

そして、

彼の著作のひとつを薦められたので読んでみた。

氏は、第二次大戦中にフィリピンのルバング島で軍の任務に就き、

翌年に終戦を迎えるも、その事実を認識することなく、

その後、29年間島で最後はひとりで戦争を続け生存し、

戦後復興した日本に戻ってきた方である。

氏も著作の中で憤慨しながら、

… 「やせ衰え、穴の中で隠れて暮らしている

                  気の毒な元日本兵」

  としか、とらえられていなかったような気がする。 …

と書いている。

多くの日本人が氏をこのようにイメージしたとおり、

私もそう思っていた。

しかし、本を読むと、

マスコミ報道で出来上がったこのようなイメージとは違っていた。

いつ敵国が襲撃してくるかもしれないという精神状態、

加えて、フィリピンの高温多湿の山の中という苛酷な状況がありながらも、

実に繊細に生き生きとした生活が描かれていた。

苛酷な状況とは、

(こう書くことは、尊大かもしれないけれど…)

別の言い方をすれば、

『余計なものがない』

ということなのかもしれない。

そんな状況で、自分の生に対して真っ直ぐ素直に生きている氏は、

実に生に溢れていた。

また、本に掲載されている投降直後のいくつかの写真にも

それが見てとれ、とても感動し涙がでてきた。

東日本大震災以降、

日本人の意識は変わったといわれるが、

それでも、まだおしなべて平和な日本には、

まだまだ、

余計なものがありすぎて、

生を実感しにくいのかもしれない。

と、感じた。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ