たった一人の

久し振りに会った同志と話をしていたところ、

たまたま、今年亡くなられた小野田寛郎氏について

の話になった。、

そして、

彼の著作のひとつを薦められたので読んでみた。

氏は、第二次大戦中にフィリピンのルバング島で軍の任務に就き、

翌年に終戦を迎えるも、その事実を認識することなく、

その後、29年間島で最後はひとりで戦争を続け生存し、

戦後復興した日本に戻ってきた方である。

氏も著作の中で憤慨しながら、

… 「やせ衰え、穴の中で隠れて暮らしている

                  気の毒な元日本兵」

  としか、とらえられていなかったような気がする。 …

と書いている。

多くの日本人が氏をこのようにイメージしたとおり、

私もそう思っていた。

しかし、本を読むと、

マスコミ報道で出来上がったこのようなイメージとは違っていた。

いつ敵国が襲撃してくるかもしれないという精神状態、

加えて、フィリピンの高温多湿の山の中という苛酷な状況がありながらも、

実に繊細に生き生きとした生活が描かれていた。

苛酷な状況とは、

(こう書くことは、尊大かもしれないけれど…)

別の言い方をすれば、

『余計なものがない』

ということなのかもしれない。

そんな状況で、自分の生に対して真っ直ぐ素直に生きている氏は、

実に生に溢れていた。

また、本に掲載されている投降直後のいくつかの写真にも

それが見てとれ、とても感動し涙がでてきた。

東日本大震災以降、

日本人の意識は変わったといわれるが、

それでも、まだおしなべて平和な日本には、

まだまだ、

余計なものがありすぎて、

生を実感しにくいのかもしれない。

と、感じた。

最新記事

すべて表示

なぜ、大東流を続けているのか

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ

道場でなくとも

いつもより早い梅雨の合間の晴れの日、 この貴重な晴れの日を逃さないとばかりに、 あちらこちらの畑であわただしく 麦が刈り取られている音がしています。 私は、家のなかで 錦戸無光先生の「合気の極み」を 読み返しています。 そのなかで、 「地球に立つことができない人は、 大地によりかかっているので 大地を活かせません。」 に、目が留まりました。 そして、 わが身に振りかえり浮かんできたのは、 私は、自

さわやかな五月

近くの麦畑も穂が出揃い 畑が満ち満ちています。 そして、 黄金色に色づきはじめた穂が 風になびくと穂波があらわれ それはそれは、 壮観な眺めです。 ツバメの姿も見え始めました。 そんな、いつもとかわらない 自然にホッと 気持ちが癒されます。 ところが、 人間社会は、 あいかわらず 新型コロナの影響で、 健康なひとも、 呼吸すらマスク越しです。 これは、異常事態です。 しかし、自宅周囲の自然は、 い