入門するまで

そして、見学をさせていただくため、

稽古場である武道館を訪れた。

横の歩道はよく通っていたが、中に入るのは初めてであった。

近所に住む付添いの友人とともに、

少し緊張しながら、館内に入った。

場内では、居合や柔道の団体も稽古をしていた。

「エイっ!」と言う声や、

柔道の先生が指導する大きな声や

稽古するこどもたちの声やらで活気にあふれていた。

そんな中、

一番奥の場所で大東流の稽古が静かに行われていた。

道場長に挨拶をして、話をお聞きしながら見させていただいた。

たまに手で技の一部を体感させてもらいながら。。

あまり力は入れていないように見えるのに、

何回やっても、いとも簡単に崩されてしまう。

なんでだろうっ??!

不思議で仕方ないまま見学を終えた。

そして、訳もわからず崩されて終わりでは、

当然、納得できない自分がいた。

その不思議のしくみを知らなくてはっ!

そのためには、やってみるしかないと思い、

入門を決めた。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ