top of page

腹の底から声がでる

令和4年度諫早稽古会の


最後の稽古では、


一つの型を座りで一人づつ


古賀師範が稽古を


つけて下さいました。



しかし、


この日はなぜでしょうか。


古賀師範の手を掴む前から


師範からただならぬ気が


醸し出されていたように感じ、


私の防衛本能からか、


腹の底から声にならない声が


自然と出てきたのです。


そして、掴んだとたんに


普段はでないような


野太い声がわが身から発せられ、


不思議な感じがいたしました。



この状況では、


自分に向かってくる相手と


接戦し続けている状態。



あくまで稽古ですから、


師範に加減してもらい


この状態をつくって下さっています。

(最後は、投げられますけどね。)



そうでなければ、一瞬で投げられて


しまっています。



そしてなぜ、「キャー」という


甲高い声じゃないのだろうか。


という考えも浮かんできました。



やはり、そこに警戒心があり続けて


いるか否かの違いではなかろうか。



甲高いキャーの状況では、


例外もあるでしょうが恐らく、


パニック状態のため心がなくなっている。



そのままでいると、


きっとそのまま


やられてしまうでしょう。



そして、自分の身を護るためには、


パニック状態から復帰するか


もしくは、そもそもパニック状態に


陥らないようにするのか。



そのためには、やはり


いつなんどきも


「平常心」が必要だということに


思い至りました。



結局のところ、


基本に行きついた次第です。



本年もどうぞ宜しく


お願い申し上げます!






最新記事

すべて表示

近所に養鶏所が何か所かある。 その入口に自動販売機で、 にわとりの卵が 新鮮たまごとして 販売されていている。 わかりやすく言うと、 「生産直売所」。 にわとりの姿は全く見えない。 工場外からウィルスや菌を 持込む小動物が侵入しないよう 窓も見当たらない。 外観からは、 とうてい多くの生き物が 暮らしているとは想像できない。 車で横を通ると 購入している人の姿をよく見かける。 そのたびに、 このよ

お盆前で日中は、 暑さに気が遠くなりそうな日が続きます。 ですが、 同時に早朝や夜は少し秋の気配も感じます。 自然は確実に秋に向かっています。 今年は、自宅の庭木も成長が著しく、 屋根近くまで枝が伸びている木々もあります。 そうすると、 去年までは、 庭にまばらに居た黒トンボたちが、 新たにできた薄暗い木陰に一団となり 生息するようになりました。 朝、慌ただしくサッシを開けると、 その一帯に、 ヒ

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

bottom of page