top of page

腹の底から声がでる

令和4年度諫早稽古会の


最後の稽古では、


一つの型を座りで一人づつ


古賀師範が稽古を


つけて下さいました。



しかし、


この日はなぜでしょうか。


古賀師範の手を掴む前から


師範からただならぬ気が


醸し出されていたように感じ、


私の防衛本能からか、


腹の底から声にならない声が


自然と出てきたのです。


そして、掴んだとたんに


普段はでないような


野太い声がわが身から発せられ、


不思議な感じがいたしました。



この状況では、


自分に向かってくる相手と


接戦し続けている状態。



あくまで稽古ですから、


師範に加減してもらい


この状態をつくって下さっています。

(最後は、投げられますけどね。)



そうでなければ、一瞬で投げられて


しまっています。



そしてなぜ、「キャー」という


甲高い声じゃないのだろうか。


という考えも浮かんできました。



やはり、そこに警戒心があり続けて


いるか否かの違いではなかろうか。



甲高いキャーの状況では、


例外もあるでしょうが恐らく、


パニック状態のため心がなくなっている。



そのままでいると、


きっとそのまま


やられてしまうでしょう。



そして、自分の身を護るためには、


パニック状態から復帰するか


もしくは、そもそもパニック状態に


陥らないようにするのか。



そのためには、やはり


いつなんどきも


「平常心」が必要だということに


思い至りました。



結局のところ、


基本に行きついた次第です。



本年もどうぞ宜しく


お願い申し上げます!






最新記事

すべて表示

TV番組に

久しぶりの投稿です。 突然ですが、 明日夜19:00から TV朝日番組 出川一茂ホランフシギの会に、 古賀武光師範が出演されます。 気で人を投げる達人として 紹介されるようです。 大東流合気柔術光道で稽古し、 古賀師範の技を間近に 見ている門下生であれば、 納得のいくキャプションかと 思われます。 しかし、 ゴールデンタイムの全国放送番組で、 どのような編集がされているのか どういう反響があるのか

草刈り

今朝はいつもと違う 少しひんやりした空気でした。 まだまだ暑さも続きそうですが、 確実に自然は秋へ 向かいつつあるなぁと感じます。 自然が一歩先に秋に入りつつあるなか、 遅れて人間社会の夏があるようです。 そういう意味では、田舎に住んでいると 両方を味わえてお得ですね。(笑) それにしても、 夏は草木の成長が著しい、 私にとっては草刈りありきの日常、 普段よりも天気を気にしながらの生活です。 また

みること

春が一気にすすんで 菜の花が開花しているのを 見て楽しむだけでなく、 今年は摘んで炒め、 食したりしています。 さて、 大東流の稽古では、 「みる」ことが 大事ですが、 これがやってみると 実は、 「みているつもり」 の場合がほとんどです。 これを実感し、 自身の人生を 振り返ったときに、 今まで長い間 なんとなくみて 生きてきたのだなと、 愕然とします。 そして、 慎重さが必要であることを 知ら

Comentarios


bottom of page