top of page

入門してからの変化

入門時、私は、

会社員としてデスクワークの多い仕事をしていました。

残業も多く仕事が終わる頃には、

ひざ下がむくむのが当たり前の日々を送っていました。

また、むくみが取れず気持ちが落ち着かない時には、

ふくらはぎを圧迫する靴下を履いて寝ることさえあったほどでした。

半ば諦めて、これぐらい仕方ないな…と、

自己流の対処療法でしのいでいたのです。

それが、入門してから二か月ほど経ったころ、

残業を終えて、椅子から立ち上がったときに、

『あれ?むくんでない!』と感じたのが、

最初でした。

はじめは、半信半疑だったのが、

『あれっ?今日も!。。』が、

続いていくうちに、いつしか残業しても足が重たくなることが

なくなっていったのです。

足がむくんでいないだけで、

身体全体が軽い感じになったのです。

これは、私にとって青天の霹靂的なことでした。

そして、稽古を通してのこの予期していなかった

素晴らしいご褒美に、驚きとともに、

うれしい笑みを浮かべていました。

こうして、

稽古が続けられるかどうかの不安は、

一気に吹っ飛んでいったのでした。

最新記事

すべて表示

TV番組に

久しぶりの投稿です。 突然ですが、 明日夜19:00から TV朝日番組 出川一茂ホランフシギの会に、 古賀武光師範が出演されます。 気で人を投げる達人として 紹介されるようです。 大東流合気柔術光道で稽古し、 古賀師範の技を間近に 見ている門下生であれば、 納得のいくキャプションかと 思われます。 しかし、 ゴールデンタイムの全国放送番組で、 どのような編集がされているのか どういう反響があるのか

草刈り

今朝はいつもと違う 少しひんやりした空気でした。 まだまだ暑さも続きそうですが、 確実に自然は秋へ 向かいつつあるなぁと感じます。 自然が一歩先に秋に入りつつあるなか、 遅れて人間社会の夏があるようです。 そういう意味では、田舎に住んでいると 両方を味わえてお得ですね。(笑) それにしても、 夏は草木の成長が著しい、 私にとっては草刈りありきの日常、 普段よりも天気を気にしながらの生活です。 また

みること

春が一気にすすんで 菜の花が開花しているのを 見て楽しむだけでなく、 今年は摘んで炒め、 食したりしています。 さて、 大東流の稽古では、 「みる」ことが 大事ですが、 これがやってみると 実は、 「みているつもり」 の場合がほとんどです。 これを実感し、 自身の人生を 振り返ったときに、 今まで長い間 なんとなくみて 生きてきたのだなと、 愕然とします。 そして、 慎重さが必要であることを 知ら

Comments


bottom of page