入門してからの変化

入門時、私は、

会社員としてデスクワークの多い仕事をしていました。

残業も多く仕事が終わる頃には、

ひざ下がむくむのが当たり前の日々を送っていました。

また、むくみが取れず気持ちが落ち着かない時には、

ふくらはぎを圧迫する靴下を履いて寝ることさえあったほどでした。

半ば諦めて、これぐらい仕方ないな…と、

自己流の対処療法でしのいでいたのです。

それが、入門してから二か月ほど経ったころ、

残業を終えて、椅子から立ち上がったときに、

『あれ?むくんでない!』と感じたのが、

最初でした。

はじめは、半信半疑だったのが、

『あれっ?今日も!。。』が、

続いていくうちに、いつしか残業しても足が重たくなることが

なくなっていったのです。

足がむくんでいないだけで、

身体全体が軽い感じになったのです。

これは、私にとって青天の霹靂的なことでした。

そして、稽古を通してのこの予期していなかった

素晴らしいご褒美に、驚きとともに、

うれしい笑みを浮かべていました。

こうして、

稽古が続けられるかどうかの不安は、

一気に吹っ飛んでいったのでした。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ